ちょっとでも脚を長く見せる着こなしのポイント

スタイルの良い人は得です。何を着たって似合うんですから。スーパーで買ったような安物でも、脚が長くスラリとした体形をしていれば、ブランド物の高級品に見えることだってあります。

日本人男性の平均身長をご存知ですか?

約172cm。

しかも身長の割に座高が高い、つまり脚が短いのが日本人男性の身体的特徴として挙げられるそうです。

しかし、スタイル抜群の男性なんてそういるもんじゃありません。ならば少しでもスラリとしなやかなシルエットに見せる着こなしで、得をしちゃいましょう。

ポイントは、細身のパンツとブーツです。

taaa

細身と言っても、体にピタッとフィットするパンツだと更に良いです。例えば、ただのストレートジーンズやスリムパンツではなく、スキニーパンツやストレッチ素材のジーンズなどで、はっきりと脚のラインが出るパンツがおすすめ。

太いパンツは脚を短く見せ、全体的なシルエットも野暮ったく映ります。

次に欠かせないのが、ブーツ。あまり予算がないという人は、高いブーツではなくハイカットのコンバースなどでも代用できます。

僕のおすすめは黒のコンバースに、黒のスキニーパンツ。

あえて同じ色を選ぶのは、相乗効果でより脚を長く見せるためのコツです。

服選びのコツはなんと言ってもシルエット!

例えばこんな感じですね→http://xn--lckd8ai8qjc9bz436jsqg.com/

スタイルに自信がないという方、ぜひこの方法を試してみてください。